緑と光と多様性にあふれる
コミュニティーを創出

NTT調布社宅を、首都大学東京の国際学生宿舎「グローバルハウス調布」に、NTT調布独身寮を、シェアハウス「シェアプレイス調布多摩川」へとリノベーションしました。京王線特急停車駅「調布」から徒歩圏、約10,000㎡の敷地にある両施設は緑と光にあふれた好環境にあります。

日本人学生・留学生が住まう「グローバルハウス調布」と、さまざまな人が入居する「シェアプレイス調布多摩川」とが同じ街区を形成することで、敷地全体を多様性のある居住空間としました。外光を積極的に取り込んだ明るい室内、交流を深めるラウンジや屋外共用スペース、プライバシー性が保たれる居住区など、魅力ある物件になりました。

「グローバルハウス調布」居室内

「グローバルハウス調布」屋外共用スペース

「シェアプレイス調布多摩川」1Fラウンジ

「シェアプレイス調布多摩川」2Fラウンジ

情報発信の場にふさわしい
ネットワーク環境を完備

「情報発信」をイメージしてハッシュタグをあしらった建物ロゴ

「グローバルハウス調布」には入居者向けのWi-Fi環境を、「シェアプレイス調布多摩川」には全室に有線LAN環境をそれぞれ完備し、光回線を基盤とした高速・安定・大容量の通信環境を整えています。

借主様の声

NTT東日本様の独身寮や社宅を、社会人・日本人学生・留学生が共生し、共用施設や豊かな外構をシェアすることで多様性が生まれる「国際街区」に再生しました。近年、大学では国際化の推進やグローバルな人材の育成が求められています。その中で本プロジェクトの「シェア型国際交流寮」は、グローバル社会で必要となるコミュニケーション能力、協調的に課題解決する能力を養うことができる教育の場になると考えています。入居者・地域の方々に愛着を持っていただき、今後さらに施設の価値が高まっていくよう、運営に尽力してまいります。

株式会社リビタ ご担当者様

商品・サービスページへ